トップページ > 千葉県

    このページでは千葉県の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「千葉県にある不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「千葉県にある複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、千葉県にある複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。
    不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので千葉県にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。
    さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。
    主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。

    公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    リビンマッチ

     リビンマッチは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。
    「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。

    リビンマッチでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。
    リビンマッチを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。

    マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。
    利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。

    また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。

    不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。

    「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    不動産売却コラム

    家の売買には権利書が必要ですが、もし失くしたらどうなるのという質問は意外とよくあるものです。

    権利書、権利証、登記済証の類がない場合は、長年住んだ自宅でも売ることは不可能で、おまけに再発行も受け付けていないので注意が必要です。

    しかし対応策が全くないというわけではありません。

    不動産の名義人の本人確認情報を司法書士に作成してもらえば、登記上の手続きは問題ありません。

    司法書士報酬として数万以上かかるのが普通で、時間も手間もかかるため、権利書(登記済証)の取扱いには注意しましょう。

    居住したまま売るか転居後に売るかは別として、家を売る際は、きちんと清掃しておかなければいけません。

    清掃が不十分だとか、他人から見て不用品が多いなと感じられる状態では見に来た人は良い印象を持ちませんし、住宅の価値も下がるのではないでしょうか。

    リサイクルや粗大ごみに出すなどして、不要品のないすっきりとした状態を作りましょう。

    範囲が広かったり物量的につらいときは、費用はかかりますが住まいの片付けを専門にしている代行業者にお願いするのも良いでしょう。

    幸いにも、家を売りに出したところトントン拍子で売れてしまい、予定よりだいぶ早く退去する必要に迫られることもあります。

    慌てずに済むよう、買い手がつく以前から積極的に荷物の整理をしておくと良いでしょう。

    居住中で売り出すつもりなら、いま使うものだけを残し、不要品や季節品を分け、箱詰めしたり、資源回収に出したりすると、部屋もきれいになりますし、引越しもスムーズです。

    なぜ、売ろうとしているマンションがなかなか売れないのでしょうか。

    この物件は、他のマンションと比較した時に割高でお得感がないこともあるでしょう。

    価格が原因なら、内覧会時の客数も限られてきます。

    早急に価格の見直しをしなくてはいけません。

    次に、不動産会社がマンションの宣伝をほとんどやっていないケースです。

    そんなことが起こらないようにするためには、仲介契約を結ぶ前に、レインズに登録されていることを確認した上で契約した方がいいです。

    さまざまな都合があって早急に不動産を売却したいのであれば、次の2つの方法が一般的です。

    まずは直接買取が可能な不動産業者を見つけ、販売期間ゼロで買い取りを依頼するという方法。

    でなければ、市場価格より割安な金額設定にしてすぐ買い手がつくようにする方法です。

    目的達成のためにはやむを得ませんが、どちらに転んでも本来の相場より相当安価になるのは明白ですので、よく考えて決断してください。

    複数の不動産会社に査定を依頼すると、各社が異なる結果を出すことがあります。

    査定方法は同じなのになぜ査定額にバラつきがあるのでしょう。

    どうしてかと言うと、各社の持っている売買物件の資料が異なっているうえ、その会社独自の査定基準をポイントにして査定額を決めるので、各社で差が生じるというわけです。

    このような特徴から、売却予定の物件の査定をお願いする場合、さまざまな不動産会社から査定額を出してもらえるようにして下さい。

    任意売却というのは、債務超過状態に陥ってしまった物件を売ろうとするケースを指した言い方で、任売と略されます。

    任意売却をしたら、住宅ローンの残債を減らせることもあり、余裕を持ちながらの返済が可能になることでしょう。

    でも、素人が簡単にできることではなく、専門知識と交渉の技術が必要ですので、成功させたいなら、弁護士、もしくは、司法書士に依頼しましょう。

    たとえ自分が所有している不動産物件であっても売り払う際には権利書の提出が、必須です。

    その土地の登記がされていることを権利書によって証明することができ、登記済証というのが正確な呼び名です。

    万が一の際、例えばそれを紛失したり、文字が読みづらくなってしまっても新たに作ることはできません。

    とはいえ、弁護士、土地家屋調査士や司法書士の先生を代理人とし、絶対に本人であることを証明できる情報を提供すれば、対応してもらえるでしょう。

    絶対にリフォームをしてから不動産を売却しなくてはいけないというわけではありません。

    それどころか、何百万もするリフォームを施したところで、売却価格がその分よくなるなんて断言はできないのです。

    ですから、リフォームする場合には、特に内覧で印象を左右しそうな箇所に絞って行った方が少しでも安く上げられるかもしれません。

    あわせて、開放的で明るい室内を演出するため適宜掃除なども行うとむやみにリフォームする必要はありません。