トップページ > 岐阜県

    このページでは岐阜県の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「岐阜県にある不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「岐阜県にある複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、岐阜県にある複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。
    不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので岐阜県にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。
    さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。
    主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。

    公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。
    「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。

    スマイスターでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。
    スマイスターを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。

    マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。
    利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。

    また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。

    不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。

    「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    不動産売却コラム

    不動産の価格は高価ですから、家を売ろうにも遅々として成約に至らないケースもあります。

    しばしば言われることですが、もし3ヶ月経っても売却に至らない場合は、売値を今一度考えなおすか、売買を仲介する不動産会社を乗り換えるといった手段も考えられます。

    専任でも一般でも媒介契約というものは3ヶ月以内と規定されており、契約満了後は更新する人もいれば、しない人もいます。

    建築済みの新築や中古の一戸建て、マンションの一室などの実物を見学できるように開放しているのをオープンハウスといいます。

    音、採光、近隣環境なども同時にチェックできますし、家を売る際、早く買手を見つけたかったら、オープンハウスによって購入希望者に実物をよく見てもらうというのもアリだと思います。

    現在居住中の住宅の場合は、オープンハウスのために外泊することもあるようですが、生活感が出ているのを売手が気にする一方で、購入を考えている人は購入後の生活が想像しやすく、非常に参考になるのです。

    なるべく高い値段で住宅を売却したければ、価格や業者の様子がわかるよう、複数の業者に見積り依頼を出しましょう。

    一回の依頼で複数の業者の査定額を知ることができる中古不動産売却の一括見積りサイトがネット上には複数ありますから、時間がなくても心配無用です。

    サイトは無料で利用でき、査定料もかかりません。

    また、一括査定サイト経由で査定してもらったからといって、いずれかの会社と必ず契約しなければいけない強制力などはないです。

    不動産会社は独自の査定基準を持っていますが、マンションでは、主に二つのポイントから査定額を算出します。

    まず重視されるのは地理的な問題です。

    どの業者でもチェックするのは、生活の利便性の高さに付随する周辺環境や景観、あるいは交通機関の充実など、物件の建つ場所に対するチェックです。

    二つ目が、物件そのものです。

    一般的には、築年数はもちろん、間取り、設備、階層、共有スペースの状態、あるいは室内の日当たりの様子や方角、周辺の環境による騒音振動の有無、十分なセキュリティーがされているのか、などを見ます。

    こうしたポイントを一つ一つ細かく確認して正式な査定額が算出されています。

    住宅の耐用年数は、木造や木骨モルタル造の場合、財務省の規定では最長22年となっていますが、国土交通省の構造物調査では平均30年で取壊し、建替えされています。

    そのような実績値が影響して、すでに30年以上経過した家を売ろうとしても、住宅の評価額はゼロか、もしついても5、60万円ほどと見積もられるケースが少なくないです。

    買手も同様に考えますから、売り出す際には家はゼロ円で地価相当額にしかならないと想定するのが妥当です。

    特に問題となることなく、自分のマンションを売った場合、手続きを忘れてはなりません。

    所得税や住民税などの納税についてです。

    売却したことで利益を得た場合、税金がかかるのは避けられません。

    ですが、売れたマンションがこれまで住んでいたものだったら、まず、3000万円の特別控除、そして、特別軽減税率といわれるありがたい特例の対象となり、負担が大幅に軽減されます。

    事前に調査をした上で、確定申告をすれば、後日、納めた税金が返還されます。

    不動産物件を売却した時の価格が3000万円以下にしかならなかった場合には、住民税と所得税の課税対象にならない特例がありますので、よく確認しておきましょう。

    なぜかというと、売却した価格のうち、3000万円までが特別控除の対象になるからなのです。

    そして、物件の買い換えをした場合に、売却価格が安すぎて売却損が出たら、総所得を合わせて計算し、損益通算も可能になります。

    しかし、残念なことに条件に当てはまる必要があり、売却した物件を5年超えで所有しており、さらに、新規で契約した住宅ローンが10年以上という二点が条件となります。

    新居購入を機に住宅ローンを組むと、出資は住宅が建てられてから開始するのが大抵のところです。

    よって、例えば工事の着工金などのように、注文住宅購入後から建築中に生じた経費はローンを当てにせずに間に合わせなければならないのです。

    それまで住んでいた物件の売却金を使える場合は安心ですが、売却成立前では間に合いません。

    つなぎ融資はそうしたケースに対応すべく短期の貸し付けを行います。

    一軒家などを売却するケースでは、購入を検討している人から境界確認書を要求されることもあるのです。

    そのような際には、土地境界確定測量を土地家屋調査士にお願いして、その土地の権利者が立ち会った上で測量してもらって、所有している土地の面積を確定させて、それを記載した書類を作成します。

    なぜこの書類がいることがあるのかといえば、買う予定の土地の境界線が明確になっていない不動産物件において、面積を正確に測った上で売価を確定させること、それに、隣り合う土地の権利者とのトラブルを防ぐためです。