トップページ > 東京都

    このページでは東京都の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「東京都にある不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「東京都にある複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、東京都にある複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。
    不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので東京都にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。
    さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。
    主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。

    公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。
    「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。

    スマイスターでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。
    スマイスターを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。

    マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。
    利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。

    また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。

    不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。

    「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    不動産売却コラム

    譲渡所得というのは資産の売却により得た収入を指すので、住宅売却で入った収入ももちろん譲渡所得の一部です。

    所得税と住民税は譲渡所得にもかかってきますが、給料や配当などの所得とは分けて単独で税額を算出します。

    一般に不労所得の税率は高いと言われますが、譲渡所得の場合、不動産の所有期間が5年超になるとそれ以前に手放すよりも低い税率が適用されます。

    住宅を売却する際は、家の所有期間を踏まえて売却時期を決めると節税になるでしょう。

    家や土地などの不動産を売却する際は、売買契約を交わしますから、売る側は複数の書類を準備しておかなければいけません。

    不動産の登記済権利書、あるいは登記識別情報のほか、固定資産税納税通知書のように固定資産税額を知るための書類は土地を売る際も建物を売る際にも必要です。

    そのほかにも所有者全員の印鑑証明書が必要だったり境界確認書が必要だったりと、条件次第で用意する書類の種類は追加されていきます。

    必要になる書類については仲介業者の担当者から連絡があると思いますが、どんどん先に取得しておくと、取引終了までの時間は少なくて済みます。

    主たる債務者以外、たとえば奥さんにも収入がある場合などは、不動産を共有名義で購入することが珍しくなくなりました。

    ただ、家を共同名義にしたがために面倒が生じる場合もあります。

    複数の方が所有している不動産を売却する際は、登記簿に記載されている所有者すべての承諾が必須です。

    離婚(事実婚の場合は同居解消)などの事情がある場合、共同所有者である二人が今後の対応をよく話し合っておかなければ、居宅を売却することは不可能ですし、深刻なトラブルを招きかねません。

    一軒家を手離す時に起こるトラブルの中で頻繁なのは、もう専任媒介の契約をしているのに、知り合いの中から買手をみつけるなどして、何の相談もなく売却契約を行うケースでしょう。

    こういったようなケースですと、相手方の不動産業者に対して、宣伝費などのコスト、それに、手数料を合わせたくらいの違約金を納めなければいけません。

    契約が一般媒介だったら、こういったケースでも、まったくもって問題はなく、苦情をいわれる謂れもなくなります。

    しかし、仲介しない可能性がある分、専任媒介契約と比較すると、一生懸命に買手を探してくれないこともあります。

    今後、不動産物件の売却を考えている方へ査定から売却完了までの段取りを見てみましょう。

    最初に、仲介会社に査定を依頼します。

    しばらくすると、査定結果を教えてもらえるハズです。

    問題なければ、その仲介会社と契約します。

    契約した後は会社が広告を出し、買手を探してくれるでしょう。

    ただし、場合によっては、値下げしなくてはいけなくなったり、半年近く売れないこともあります。

    そして、買手が決まると、売却金を支払ってもらえるでしょう。

    これが基本的な買取の手順となっています。

    不動産査定書とはどういうものでしょうか。

    これは物件情報以外にも、電気、ガス、水道のデータや排水設備の状態、路線価による土地相場、公示価格といった物件に関連した情報がすべて記載されている書類です。

    ですから、業者などはこの書類を元にして最終的な販売予定価格が決まります。

    この書類はどのようにして入手するのかというと、契約した不動産会社に依頼して作成してもらえます。

    あるいは、不動産鑑定評価書を専門家に依頼することも問題ありません。

    所有していた不動産物件の売却価格が3000万円を下回ったケースでは、住民税と所得税の課税対象にならない特例がありますので、よく確認しておきましょう。

    その理由は、物件を販売した価格のうち、3000万円までなら特別控除を適用してもらえるからです。

    それに、不動産物件の買い換えをして、売却価格が安すぎて売却損が出たら、不動産売却以外の所得と合算して、損益通算を適用してもらえます。

    ただ、条件があって、売った不動産物件を継続して5年を超える年数にわたって所有していた、そして、10年以上の住宅ローンを新しく契約したという二つです。

    不動産物件の売却価格は慎重に決める必要があります。

    適正価格を知るためにも、まず、インターネットを利用して、一括査定を業者に依頼し、不動産物件の査定をしてもらうことが必須になります。

    複数の不動産会社の査定額を揃えれば、相場がどのくらいか知ることができますので、適切な価格をつけるようにしてください。

    それから、不動産業者にはコンサルティング業務も行えるスタッフが在籍していることもありますし、話だけでも聞きに行き、最大限に価値を引き出せたら、いくらの値がつきそうか、尋ねてみるのも参考材料の一つにはなります。

    不動産売買契約書は課税文書に当てはまるので、印紙を貼り付けなければいけません。

    売却価格によって段階が変わる印紙代は、売価次第で数十万円に上ることもあります。

    加えて、売主側と買主側が別々に契約書を作成して持つ場合は、どちらも印紙代が必要になります。

    しかし、この時は先ほどの基準とは別の段階別税額が定められていますから、チェックしておきましょう。