トップページ > 滋賀県

    このページでは滋賀県の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「滋賀県にある不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「滋賀県にある複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、滋賀県にある複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。
    不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので滋賀県にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。
    さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。
    主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。

    公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    リビンマッチ

     リビンマッチは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。
    「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。

    リビンマッチでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。
    リビンマッチを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。

    マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。
    利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。

    また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。

    不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。

    「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    不動産売却コラム

    土地家屋など固定資産の所有者に課税される税金が固定資産税並びに都市計画税です。

    不動産を所有している人すべてが毎年支払う義務があります。

    この場合、所有者というのは1月1日時点の所有者を指します。

    もしそれ以前に売却する契約をしていたとしても所有権移転登記を済ませていなければ、納税義務者は売り主になるわけです。

    購入した人が固定資産税の新たな納税義務者になるのは旧所有者から新所有者に所有権を移転登記した次年からになります。

    時期によってはちょっと不公平かもしれませんね。

    売り慣れているならいざ知らず、どのように住宅を売却するのか判らない方もいて当然と言えるでしょう。

    家の売買するときは一つずつ段階を踏んだ手続きが必要です。

    土地や家屋の一括見積りサービスというものを使い、物件の見積り依頼を複数の不動産会社に依頼しましょう。

    その中で査定の額もさることながら信頼できる仲介会社を見つけて売るために必要な一連の業務を委託する契約を結びます。

    内覧、価格交渉などを経たのちに、支払いと登記変更を済ませれば売却終了です。

    なんら抵当に入っていない住宅を売却する際は気にする必要はありません。

    ただ、抵当権の由来である債務が残っている状態となると話は別です。

    もともと抵当に入っている不動産というのは売買不可能です。

    残る手段として有効なのが任意売却制度です。

    債務者は専門の業者に依頼し、金融機関との間を仲介してもらって売却を可能にするのです。

    ローンを滞納したら、競売にかけられる前にとれる一番有益な選択と言えるでしょう。

    売りたい不動産物件の壁紙がめくれてカビが生えているといった場合や、浴室などに掃除では落としきれないカビや傷みがあるケースでは、リフォームして劣化を改善すれば査定結果が有利になることが期待できます。

    だからといって、無計画にリフォームするのはNGです。

    リフォーム前の査定額とリフォーム後の査定額の差額が、リフォーム代金より低くなってしまって結果的に損になることもあるので、あらかじめ現地査定を行ってもらって、業者の視点から、リフォームするかどうかのアドバイスをもらった方が確実です。

    マンションが売却されてから出てくるケースの多いクレームは、瑕疵担保責任に関連した問題ではないでしょうか。

    ざっと行った確認では見つけることができなかった破損なり欠陥が発見されたケースにおいて、それらに対して負うべき責任が発生してくるのです。

    ただし、居住を始めた新たな住民が原因にもかかわらず、売った側に責任を求めてくる場合もあるといいます。

    どう転んでも利害関係が生じ得ない方に依頼して、撮影しておくと画像として残すことで本来抱える必要のなかったトラブルを抱えることにはならないはずです。

    今後、不動産物件の売却を考えている方へ売却の流れをご説明します。

    最初に、仲介会社に査定を依頼します。

    提示された査定額に問題なければ、その会社と契約を結びます。

    契約した会社が、買手が見つかるまで広告などで宣伝を続けます。

    値引きを求められたり、長期間にわたって購入希望者が現れないということも珍しくありません。

    無事に買手が決まれば、支払い手続きをし、売却金を手にすることができます。

    このような流れを頭に入れておくと、計画が立てやすいと思います。

    何人かの人が名義人となっている不動産を売りに出そうとする時には、共有名義者のうち誰か一人でも反対する人がいると売却することが出来ないので、全員が承知しなくてはなりません。

    売却には売主の実印及び署名が必須とされているますが、所有者が複数いる場合にはその全員分につき必要となり、共有名義者全員が共同せずに売り渡そうとしてもできないようになっています。

    当該不動産を全部というのでなく持ち分だけというのなら売買契約を結んでも効力があるとされていますが、全ての共有名義者の合意を得ていることを前提として購入者との間で売買契約を締結することになります。

    不動産を売却する人にかかる税金として特に留意してほしいのが譲渡所得税と住民税です。

    物件売却で利益が出れば、これらは必ず課される税金です。

    しかしながら、住居だった物件の売却なら、3000万円の特別控除の対象となります。

    加えて、所有の期間がどれだけかによって課税のされ方が変わる税金でもあるため、売却の際は要チェックです。

    戸建てなどの不動産物件を売ろうとした場合、買手が境界確認書を求めてくることもあるでしょう。

    その時の対応としては、土地家屋調査士に土地境界確定測量を依頼して、権利者の立ち会いの下で行ってもらい、土地の面積が確定したら、必要な書類が作れるでしょう。

    買主が境界確認書を要求する理由として考えられるのは、買おうとしている土地とよその土地の区切りがきちんとわからない際に、面積を正確に測った上で売価を確定させること、それに、将来、接している土地の権利者と境界線のことで問題になるのを回避したいという思惑があるのでしょう。