トップページ > 熊本県

    このページでは熊本県の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。スマイスターでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。スマイスターを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    不動産売却コラム

    住み慣れた家を売却する理由は人によりけりですが、思い立ってから決断に至るまでには険しい道があったでしょう。

    しかし決断が吉と出るか凶と出るかは自分の考え方次第でしょう。

    引越しにともない家財一式の整理もしなければなりませんし、時間制限つきでどんどん始末する必要があります。

    年数分の荷物を整理していくと、雑多さが薄れ、すがすがしい気持ちになります。

    住宅の売却で得られる効用は、いわゆる断捨離も同時にできてしまうことでしょう。

    物品の購入時に避けて通れないのが消費税です。

    住宅の購入時も対象となるものの、課税対象には土地は含まないため、土地付き一戸建てであれば消費税は建物代に対してだけ課税されます。

    それから、売却物件の所有者が法人ではなく個人の場合、建物にかかる消費税も非課税となります。

    ただ、売主が個人とはいえ店舗や事務所、アパートやマンションのような収益物件なら、消費税の課税対象となるため、購入者の負担は大きくなります。

    家を売却する場合、住宅ローンの支払いが残っているときは、当たり前ですがその住宅ローンを完済した時点からはじめて売却という手続きができるのです。

    ただし残りの債務が払えないでどうしても売却しなければいけないなら、任意売買(任意売却とも)なら可能です。

    物件の売買が成立したら何よりもまずローンの返済に充てるという条件をつけた上で、例外的に完済前の売却を認めてもらう仕組みです。

    売却益を充てても完済できない場合、残りが借金となりますが、債務は大幅に少なくなります。

    高額の取引を伴いますが、売却により適した時期と言うのが一戸建てにもあります。

    年間を通して最も売却に適しているのは、月で言えば1月から3月までの人の移動がある頃です。

    転勤や進入学などの事情などで、春が間近になると転居する家族が増えてくることにより、転居先として一軒家を望む購入希望者が増加します。

    でも、売り手にとってはタイミングを見極めることが肝要で、1月から3月が来るのを待って売り出さなくても、売却に適している時期であると考えられるなら行動に移すことをオススメします。

    家の売却の前後、どちらにするのか、売却する家が戸建てでもマンションでも、引っ越すには前後どちらがいいと、言い切ることは難しいです。

    売却額が手元に入ってから新居探しとなる売買後の引越しを選ぶと、資金の総額が確定しているため、無理なく決断できるでしょう。

    逆に、家は売れたのに次の家が決まっていないと、仮住まいへの引越しに、新居への引越しとニ回引っ越す必要があります。

    先に引っ越す場合には引越しの手間を削減することが出来ますが、売却ができるかわからないまま、新居契約用の資金を払えるようにしておかなくてはなりません。

    不動産物件の査定を受けたあと、見積りを置いていった会社からしつこく売却予定についてアプローチが来たという人もいます。

    一度断ってもまたアタックされたり、不動産屋なんて似たりよったりだろうと思い、満足に比較もしないまま一社にしてしまうこともあります。

    けれども、もしその時点で納得できなければ、断るのは一向に構いません。

    一つの家に対し多くの会社が営業をかけるのですから、選ばれない会社があるのは当たり前。

    そこまで気兼ねする必要はないのです。

    誰でもお得に買物したいと思っているため、初期設定の売価で不動産物件の売却が成立するのはあまりなく、買い手側が何かと理由をつけて値下げを要求してくることが普通ともいえるかもしれません。

    価格交渉されてもうろたえず、物件の購入目的によって対処を変えるといいかもしれません。

    新居になる場合、検討する際の熱意も違いますから、熟慮して買うといってきたはずなので、相手にそれほど譲らなくても、買ってもらえることが多いようです。

    常に起こるわけではないですが、不動産物件売却時には、その物件の購入希望者から境界確認書を請求されることも少なくありません。

    そのような際には、その土地の権利者が立ち会って土地家屋調査士が「土地境界確定測量」を行って、土地の面積が確定したら、必要な書類が作れるでしょう。

    境界確認書が求められる理由は、買おうとしている土地とよその土地の区切りがきちんとわからない際に、土地のしっかりとした境界線を確定させて価格を決めること、そして、隣接地の権利者と揉めるリスクを防ぐためです。

    不動産売買契約書は課税文書に当てはまるので、印紙代が必要になります。

    契約書の記載金額によって印紙税額は異なり、高い場合は数十万円にもなります。

    そして、売主側と買主側が別々に契約書を作成して持つ場合は、双方に印紙代がかかってしまいます。

    ただし、この時の印紙税額を決定する金額別の段階は先ほどとは異なりますので、確かめておくといいでしょう。