トップページ > 福井県

    このページでは福井県の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。スマイスターでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。スマイスターを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    不動産売却コラム

    チャレンジは良いことですが、自分で売買するのが「家」の場合、危険を承知でなければお薦めしません。

    租税、約款、法律、登記などの専門家と同等のリテラシーが求められますし、付け焼刃で大きな資産を動かして訴訟にでもなったら大変です。

    手数料の負担は痛手かもしれませんが、ストレスのない取引をするためには不動産業者、司法書士といった専門家に委ねるべきです。

    もちろん、知識があるから大丈夫というのであれば、専門家の手を借りずに自分で家を売るのも構わないでしょう。

    誰もが負担しなければならない消費税は、住宅の売買でも当然かかりますが、課税対象には土地は含まないため、消費税は建物だけにかかってくると覚えておきましょう。

    そして売主(売却物件の所有者)が個人であれば原則的に建物にも消費税はかからないです。

    ただし、たとえ個人所有であっても投資用マンションや店舗等として利用していた物件については、非課税扱いとはなりませんから、気をつけなければいけません。

    所得税というのは住宅売却時にもかかってくるのでしょうか。

    どれだけ利益が得たかによります。

    売買価格が取得費(新築で購入した時の価格)を上回れば所得税がかかってきますし、その逆で安くしか売れなかった場合は所得税はかからず、住民税もかかりません。

    ただ、もし高く売れたとしても控除後の譲渡所得が3000万円以下の場合は、会社での年末調整の有無にかかわらず、確定申告さえしておけば、嬉しいことに所得税は0円でいいのです。

    特に問題となることなく、自分のマンションを売った場合、所得税や住民税など、税金に関わる手続きを行わなければなりません。

    マンションの売却をすることで、いくらかの利益がでた場合には残念ながら税金がかかってきます。

    ですが、売れたマンションが売却前に暮らしていた物件である際には、まず、3000万円の特別控除、そして、特別軽減税率といわれる特例があります。

    確定申告をする際に、税金について調べれば、後日、納めた税金が返還されます。

    色々な理由から一戸建ての売却時に値がつかない場合があります。

    何十年と住んでいた物件では、買い主が探しやすいように更地にしてしまうか、解体費用を負担してほしいと、いわれる可能性があるのです。

    また、建てるときに夢を詰め込んで設計した建物は建てる時には金額が高くなることが多いですが、いざ売る際には独自のこだわりがマイナス評価されることもあり、近隣の他物件よりも安く売ることになるかもしれません。

    マンションの売却が完了してからよく出るクレームは、瑕疵担保責任に関連した問題ではないでしょうか。

    売却が済む前には、素人目ではチェックしきれなかった破損、欠陥などが、売却後に発覚してしまった場合、それらに対して負うべき責任が発生してくるのです。

    ところが、新たにそこに住むことになった人が破損させておきながら、責任を求めるケースもあります。

    利害関係のない第三者を立ち合わせ、映像、もしくは、画像記録を残すことによってトラブル防止に役立ちます。

    気付かずに脱税してしまう恐れもありますし、不動産物件を売ったら確定申告が必要不可欠です。

    もし、不動産物件を売ったことで、売却益を得られたとしたら、忘れずに確定申告を行って、「譲渡所得税」を払わなくてはなりません。

    逆に、利益が出なかった場合は、少し手間でも確定申告しておくことで、支払う税金額が減る事例も多いのです。

    どちらにしても不動産物件を売却したら、確定申告をしておけば間違いありません。

    急がば回れという言葉がありますが、殊更不動産売却の場合は高額な取引になるため、結論を急がず丁寧に検討していきましょう。

    まず用心しなければならないことに、悪意を持った不動産会社も存在するという点があります。

    仲介契約とは対照的に販売活動をする気がなかったり、二束三文で買おうとするようなところもありますから、気を付けて選ばなければなりません。

    わずかでも怪しげなところを感じたなら、契約を結ぶのはやめておきましょう。

    不動産売却を考えた時は、近隣物件の相場のチェックがキーポイントになります。

    例えば実際の不動産価値から程遠い査定をされたとしても相場を知らなければ何の疑念も持たず、しなくてもいい損をする可能性が高いからです。

    さらに、大体の物件価格の相場がわかっているかどうかというのは交渉の結果をも左右するかもしれません。

    極力、たくさんの情報を手に入れるよう努めましょう。