トップページ > 茨城県

    このページでは茨城県の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。スマイスターでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。スマイスターを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    不動産売却コラム

    初歩的なことですけれども、所有者として登記簿に明記されている人の許可がないと、たとえ買手がついたとしても家の売買はできません。

    もし複数名義での所有になっているのであれば、許可は共有名義人の数だけ必要になります。

    とはいえ、物件の所有者の一人でも亡くなられている場合には、許諾が得られないことになりますから、その状態では売ることができないです。

    相続による登記変更の手続きを行い、変更後にあらためて売却します。

    首尾よく購入希望者が見つかり売買が成立すると所有権の移転登記をするのですが、売り主の住民票上の現住所と売却物件の住所が違うままでは売れません。

    ですから登記簿上の手続きのために現在の住所地で取得した住民票と印鑑証明が1通ずつ必要です。

    しかしあまりにも早く準備しても、どちらも使える期限というものがありますから、必要なときに失効していたらたいへんです。

    発行から3ヶ月を過ぎた書類は、内容に変更がなくても無効です。

    家屋、事務所、土地などの固定資産にかかる税を固定資産税および都市計画税と言います。

    誰でも不動産を所有していれば払わなければいけない税金で、毎年課税されます。

    納税義務者は「賦課期日に資産を所有する者」とされており、この日にちが1月1日のため、仮に1月1日よりも前に買い主との売買契約を交わしていても1月1日の所有者がまだ旧所有者となっているときは、納税義務者は売り主になるわけです。

    購入した人が固定資産税の新たな納税義務者になるのは登記簿上の所有者変更手続きを終了した翌年からということになります。

    基本的なことですが、不動産物件の査定を受ける際、業者の提示する評価額だけでなく、手元に残るのはいくらなのかも併せて確認しておきましょう。

    一口に諸経費といっても様々で、不動産業者に払う仲介手数料のほか、書類作成費、測量費、印紙税、そして最後に譲渡所得税が賦課されます。

    税金の計算の仕方はケースバイケースですから、不安に感じるようでしたら最寄りの税理士に質問するのも良いですし、業者から説明を受ける時に同行してもらうというやり方もあります。

    ネットなどで匿名でできる査定とは異なり、きちんとした不動産査定を会社に依頼するのであれば、前もって登記簿謄本を入手しておきましょう。

    たとえ日付が古くても、記載された内容に変わりがなければ使えるケースもありますが、正しい査定額を出してもらいたければ、最近入手したものにしてください。

    登記簿謄本以外にも、固定資産税評価証明書、登記識別情報や登記済権利書といった権利書を揃えておく必要があります。

    ローンを支払っている途中であれば、さらに、土地測量図、ローン残高証明書、建築設計図といったものが要るので、前もって準備しておいてください。

    不動産売買計算ソフトというのは、建築年、面積、地目といった複数の条件を設定すると、ソフト内に所収の路線価や財産評価基準など様々な数字から自動計算で物件価値を算定するソフトを指します。

    無償版よりは有償版の方が内容は良いかもしれませんが、免責事項として「簡易版」や「実際とは異なる」と謳っているように、物件に足を運んでプロの目で見た査定額と比較すると違っていて当然ですが、大雑把な金額を見たいときには参考になります。

    不動産売却に際しての立ち退きの時期は、基本的には売る側の好きに設定することができます。

    ただ、誰かが住んでいるよりは、空き物件として売りに出されていた方が売値を上げられます。

    購入希望者がいても、内覧時に住居人がいると避けられてしまう可能性が高くなるので、支障がなければ早期に退去しておいた方が有益な点が多くなると思います。

    不動産売買契約書は課税文書に当てはまるので、印紙代が必要になります。

    印紙税額は契約書に記載された金額によって決定するため、場合によっては数十万円ともなることがあります。

    さらに、契約書が売主側と買主側でそれぞれ作成された場合は、どちらも印紙代が必要になります。

    とは言え、この場合は印紙代が決定する金額別の段階が先ほどとは違うため、チェックしておきましょう。

    一般的に気付くのが難しい欠陥を購入後に買い手側が見付けた時は、瑕疵担保責任を負う売り手側に修繕を求めることができます。

    この適用期間は、売り手側が不動産会社の場合、最低でも2年間以上を設けなければなりません。

    しかし、個人と個人の取り引きであった場合はこの期間が特別定められていません。

    全く期間が存在しないこともままあることです。