トップページ > ���������

    このページでは���������の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。スマイスターでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。スマイスターを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    不動産売却コラム

    誰でもネットに接続する環境があれば、土地家屋の売却相場を手軽に知ることができるので、うまく使えば利用価値大です。

    地価公示価格がわかる「土地総合情報システム」は国土交通省のサイトですが、いままで実際に行われた土地家屋の取引実績により成約額、市区町村名、面積、単価、地目などの物件情報が驚くほど細かに閲覧可能です。

    それから、最新の物件情報などは不動産物件を集めた情報サイトを見れば一目瞭然ですし、年数や立地などで価格を見てみると相場の目安をつけやすいです。

    住宅を購入したり、建てようとするなら、天然木の無垢板や自然素材を多用した住宅のメリットを知ることが大切です。

    シックハウス(室内空気汚染)とも無縁で、ベーシックでいながら高級感があり、どのような年代からも支持されている強みがあります。

    仮に住宅を売却する際、そのような天然素材が毀損されずに美しいままでいれば、普通の住宅と同じような値段で売ってはいけません。

    本質的に上級なものの価値は、多少の年月では損なわれないのです。

    土地や家屋を売却する際も、すぐ購入希望者が現れれば別ですが、長期にわたって販売する例もあります。

    長期化を避けるため、3ヶ月で買い手がつかないときは、値下げに踏み切るか、ほかの不動産業者に仲介してもらうといった施策が有効なようです。

    法律で仲介業者と売主の媒介契約は3ヶ月以内とするよう決められていますが、売値を変えて再契約しても良いですし、別会社にしても構いません。

    簡単なことですが、土地や建物の評価を見積りに来る不動産業者がまともな会社かどうか推測する手段のひとつに免許番号があります。

    もしもらった名刺のどこにも免許番号が書かれていなければ、無免許、つまり違法な業者である危険性があります。

    国土交通大臣や都道府県知事の名の次にあるカッコつきの数字が更新回数を示し、更新は3年に一度ですから、多いほど老舗ということになります。

    しかし、数字が小さくても法人格の変更が原因であることもあり、数字イコール営業年数と言い切ることはできませんが、一応の目安にはなります。

    戸建てを売却するにあたっては、自分で買い手を見つけるのでなければ、不動産屋への仲介手数料が発生します。

    売買価格の3.24%プラス64800円が仲介手数料の上限だと決まっているため、自分の家の売買価格の見通しが立った段階で大まかな金額を予想することができるでしょう。

    そして、不動産業者が直接買い取るのであれば、仲介手数料はいりません。

    それに、所有権移転登記の際に発生する費用は原則として買い手側が負担することになっています。

    問題なく、所有マンションを売却したあとは、手続きを忘れてはなりません。

    所得税や住民税などの納税についてです。

    売却したことで利益を得た場合、必ず税金がかかってきてしまいます。

    ただし、もし売ることになったマンションが住居として利用していた物件だったのなら、例として、3000万円の特別控除、さらに、特別軽減税率という素晴らしい特例を受けられるので、それほど負担はないはずです。

    確定申告前に、ちゃんと税について調べたなら、時間はかかりますが、後から納税したお金が返ってくることになります。

    複数の人が名義を有していて単独所有ではない不動産の場合、金銭の支払いを受けて他に譲渡する際には、その前提として名義人となっている共有者全ての同意を取り付ける必要があります。

    共有不動産の売却にあたっては共有している名義者全員の署名と実印が求められるため、他の共有名義者の許しを得ることなく名義人の一人が売り渡そうとしてもできないようになっています。

    もっとも特定の名義人が本人が権利を持っている割合だけを売り渡すことも可能とされていますが、通常は名義人となっている人全員が共同して購入者との間で売買契約を締結することになります。

    売却を検討している不動産物件が共同名義の場合は、売却の段階で委任状が必要です。

    このような状況にあたったら、代表者となって取り引きを行う名義人に、残りの各名義人がその代表者に取り引きを一任するという意思を記した委任状を預けておかなくてはなりません。

    この委任状は無期限で有効なので、ひとたび受領したものは契約成立までの間ずっと有効です。

    いよいよ不動産を売却する話がまとまって、既に契約が成立しているのに、やっぱり売りたくない、別の買い手を探したくなったなどの心境や事情の変化で売却することを取り止めたい場合は、契約の破棄ができないわけではありません。

    ただし、引き換えに規定の額の違約金の支払いや、既に受け取っている手付金を倍にして返さなくてはいけないので、気をつけながら契約を進めるようにしてください。