トップページ > ���������

    このページでは���������の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「���������にある不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「���������にある複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、���������にある複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。
    不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので���������にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。
    さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。
    主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。

    公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    リビンマッチ

     リビンマッチは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。
    「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。

    リビンマッチでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。
    リビンマッチを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。

    マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。
    利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。

    また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。

    不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。

    「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    不動産売却コラム

    いままで住んできた自宅を売る理由はさまざまでしょうが、勇気がなければできることではありません。

    それに、一度下した判断で後悔するか、良い将来に結びつけるかは、自分の考え方次第でしょう。

    転居は物件の引渡し前に終わっているはずですが、その前には家財類を整理して、時には処分も決めなければいけません。

    ふしぎなもので、身の回りが片付いていくと気分がすっきりしてくるものです。

    家を売却することで得られるメリットは断捨離のそれに近いかもしれないです。

    不動産の場合、新築は完工から2、3年目あたりを始まりに築10年位までは緩やかにではありますが、価格は下がる一方です。

    しかし毎年下がっていたのにもかかわらず、10年を過ぎると価格はほぼ横這い状態となります。

    マイホームの買換特例や所得税率と住民税率の優遇を受けられる要件は、「所有期間10年超の居住用財産」ですから、住宅を売却ないし買い替えるなら取得して10年を過ぎた頃がまさに最適であると考えられます。

    夫婦ともに収入がある場合は節税効果が大きいため、ここ十数年ほどは住宅の名義を夫婦共有にするケースがしばしばありますが、共有名義の不動産には厄介な側面もあります。

    共有名義となっている家を売却するにあたっては、共有名義の割合にかかわらず全員の許諾を得なければ取引は成立しません。

    売却理由が離婚だったりすると、名義人である夫婦の間で納得できる取り決めをしておかないと、家を売ろうにも売ることができないまま、揉める事態にもなり得るのです。

    ネットにある不動産の一括査定サイトは大変便利ですが、勧誘の電話が何度もかかってくるのではないかと利用をためらっている人も多いようです。

    そのような場合、個人情報は携帯電話番号だけを入力し、悪質な業者から電話がかかってきたときは、着信拒否リストに登録すると、断るのが怖いという時も安心です。

    こちらの都合を無視してしつこく勧誘する業者はその時点で選ばないようにすれば良いですし、相場を知れるのは魅力的ですので、思い切って使ってみると、一括査定サイトの便利さが分かると思います。

    マンションを売った後に税金がかかってくることがあるでしょう。

    譲渡所得税という名前の税金です。

    購入時の代金と比較して高額な値段で売ることが出来た場合、差額で利益を上げられたら、譲渡所得税がかかるのです。

    しかし、譲渡所得税は投資目的などではなく、住むために所有していた物件を売却時の特別控除などがあるので、売るまでは生活していたマンションを売ったというケースでは譲渡所得税が発生しないことが大半です。

    匿名で不動産物件がいくらになるのか査定してほしいという人も多く、近頃は、ネット上で匿名の一括査定を受けられるサイトの利用者が増えているようです。

    利用者が増えているワケは、それまでの一括査定サイトでは当たり前だった、査定後のしつこい営業電話を回避できるほか、怪しい業者に個人情報を渡さなくても良いというメリットが挙げられます。

    しかし、残念ながら匿名の一括査定サイトでは簡易審査だけしかできないので、正確な査定結果は期待しないでください。

    不動産物件を売却しようとする際には、不動産会社と媒介契約を締結しますが、その一種類が専任媒介契約です。

    どんな契約方法かというと、その物件の売却に関しては、契約した業者だけが仲介できるようになります。

    ですが、こちらの契約で禁止されていない例もあって、売手が自力で買い手を探し出して、当人同士で交渉したとしても、契約違反には該当しません。

    専属専任媒介契約よりは自由度が高いといえるでしょう。

    任意売却は売ったとしても返さなくてはいけない住宅ローンが残る物件を売る時を意味していて、「任売」とも略されています。

    どうしても困ったら、任売をすれば、住宅ローンの残債を減らせることもあり、余裕を持ちながらの返済が可能になることでしょう。

    ですが、相手との交渉には専門知識と交渉力が必要になりますから、成功させたいなら、弁護士、もしくは、司法書士に依頼しましょう。

    高額のやり取りが発生する不動産売却では、なかなかに経費も必要です。

    不動産業者には仲介手数料を支払うでしょうが、それも物件の売却価格次第で高額になってしまいますし、利益が発生した売却の場合は譲渡所得税を負担しなければならないこともあります。

    取引の関連書類の作成費用や印紙代も必要です。

    それから、自分の住居になっている物件を売却するならば、引っ越し費用も見込んでおかなければならないでしょう。