トップページ > ���������

    このページでは���������の不動産売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「���������にある不動産売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。

    不動産売却であなたの家を高く売るために大切なことは、「���������にある複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。
    手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。

    不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、���������にある複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有している不動産を高く売ることができます。
    不動産の売却というのは人生の大きなイベントなので���������にある不動産を高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産売却の一括査定サイトと比べると比較的新しいサービスにはなりますが、提携している不動産会社は1500社以上と非常に多いところが強みです。
    さらに、実際に利用したユーザーからクレームが多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。

    大手から地場に強い不動産会社まで幅広く参画しているので、「自分が所有している不動産をできるだけ高く売りたい…」と思っているならおすすめしたい一括査定サイトです。

    入力も60秒あれば査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示される不動産の査定額を比較することができます。もちろん、全国対応で利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからどんどん利用者も増えていくことが予想されます。






    イエイ

     イエイは、サービス開始から10年以上運営されており、400万人以上が利用している不動産売却の一括査定サイト。長年の実績があるため、登録している不動産会社も1000社以上と非常に多く、最大6社から出される不動産の査定額を比較することができます。

    もちろん、悪徳企業は徹底的に排除。長年の不動産売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。
    主要な大手はもちろん、地元に強い不動産会社まで査定価格を比べることができるので不動産の相場を知るためには利用する価値のあるサイトです。

    公式サイトでは実際に不動産売却で高く売ることができた利用者の声と査定額も公開されていますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。






    スマイスター

     スマイスターは、サービス開始から12年運営されている実績のある不動産売却の一括査定サイト。個人情報の保護にも力を入れており、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。

    利用者数は既に440万人を突破しており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社まで査定依頼が可能です。
    「不動産売却は会社によって数百万円の差が出るって聞いたから損をしたくない…」と思っている場合は、1社だけでなく複数の不動産会社に査定依頼ができる一括査定サイトを利用してください。

    スマイスターでは最短45秒のかんたん入力で複数の不動産会社の査定額を比較できるのでおすすめです。
    スマイスターを利用して不動産売却に成功した場合には、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションを専門としているマンション売却の一括査定サイト。マンションの査定をするために必要な入力も最短45秒で済みますし、インターネットで査定依頼をする事が可能です。

    マンションの査定に特化しているサービスなので、マンションの売却を得意とする不動産会社が集まっており、大手や地域の不動産会社を含めると700社以上もある登録業者の中から最も適した不動産会社を最大で9社紹介してもらうことが出来ます。
    利用者は既に360万人を突破し、数多くのメディアにも取り上げられている人気のサービスなので、「自分が所有するマンションをできるだけ高値で売却したい」と考えているのであれば利用して欲しいサービスです。

    また、他の不動産一括査定サイトと違う部分として賃貸査定の相場も分かるので、「長期間マンションから引っ越すけど、ゆくゆくは戻ってくるので売るのはちょっと…」と思っている時にもおすすめのサイトです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTグループが運営している日本最大級の不動産一括査定サイト。2001年にサービスを開始した日本初の不動産査定の一括サイトで、運営歴は既に17年あり安心感が違います。

    不動産売却における長年の実績があるので悪徳な不動産会社は徹底的に排除している点もおすすめできるところです。
    提携業者は優良企業が約900社揃っており、最大6社の不動産会社が査定価格を出してくれます。

    「不動産売却で高く売りたいから買取相場が知りたいけど、1社ずつ不動産会社をまわるのはさすがに大変…」と思っている場合は、たった1分の簡単な入力で複数の不動産会社から提示される査定額を比較することができるホームフォーユーがおすすめです。相場を調べて不動産売却で高く売るために賢く活用したいサイトです。






    不動産売却コラム

    不動産会社でなくても、家の売買相場の目安をウェブ上で知ることができるので、うまく使えば利用価値大です。

    国土交通省の『土地総合情報システム』という地価公示閲覧サイトでは、いままで実際に行われた土地家屋の取引実績により成約額、市区町村名、面積、単価、地目などの物件情報が驚くほど細かに閲覧可能です。

    なるべく現在に近い売り出し情報を知りたいときは、大手不動産会社の運営しているサイトなどで知ることができ、類似物件の売出し価格からも相場の目安をつけやすいです。

    居宅を処分する際には、売る前に所有者がすべきことを幾つか行うと査定額が上がることがあります。

    違いがもっとも出るのは修繕作業でしょう。

    築浅の物件でも浴室、洗面、台所などは使用感が出やすい部分です。

    きっちり点検して、丁寧に使っている様子が窺えるよう修繕しておきましょう。

    次に大事なのはお掃除です。

    いつもはしないところでもしっかり掃除し、邪魔なものは処分しておくと家がスッキリします。

    ささいなことですが、売主のこれらの工夫が買い手にアピールする力は意外と高いのです。

    いざ家を売るとなると、さまざまな経費がかかってくることを理解しておきましょう。

    不動産業者に売却を依頼すると、仲介のための手数料が必要です。

    もし家が3000万円で売れたとしたら103万円を手数料として不動産業者に支払うわけです。

    それから司法書士への報酬、印紙代は必須ですし、測量費が必要な場合もあります。

    つまり、それらの出費を踏まえて売値を決めたほうが良いのです。

    所有していたマンションを売ったら、税金がかかることがあるのです。

    この税金は譲渡所得税と呼ばれています。

    買った時の金額よりも値段が高くなった時に、差額で利益を上げられたら、譲渡所得税がかかるのです。

    ただ、譲渡所得税は自分が住むための住居を売った際の特別控除などがありますから、直前まで暮らしていたマンションを売却したら、特別控除が適用され、譲渡所得税の対象にならないケースが少なくありません。

    建物というのは経年劣化するものですが、もしその物件を売りに出そうとした場合、壁紙がめくれてカビが生えているといった場合や、浴室などに掃除では落としきれないカビや傷みがあるケースでは、リフォームが有効な手段になるかもしれません。

    新築同様にすることで、提示された査定額がアップするでしょう。

    とはいえ、リフォームした場合にプラスになる金額が、リフォームにかかる費用に満たずに余計な出費になる可能性もありますから、まずは物件を直接査定してもらい、相談することをおススメします。

    もし一定期間内に売却の見込みが立たなかった際、業者が家を買い上げてくれるのが「買取保証制度」です。

    不動産業者による査定の際に説明があるかもしれません。

    一定の時期が経過すると、契約時に定めた通りの金額で業者が買い取るため、売主は資金の見込みがたちやすいメリットがありますが、期間内に仲介で売れた時の価格と比べると安くならざるを得ないという短所はあります。

    呼び方は同じでも業者によって条件は微妙に変わりますし、売り主の要望で付けられるオプションなので、よく検討してから決めるべきです。

    共有名義の場合はよく相談してください。

    新しい住居の購入とこれまでの住居の売却を同時に行って住み替えをしたいというのもありがちなケースです。

    そうした時は、購入の前に売却を済ませることが順当なリスク管理の方法でしょう。

    間違いなく契約上は売約成立までこぎ着けていると言っても、自分の手元に代金が届くまではまだ息を抜いてはいけません。

    いざという時になって支払うお金がないなんてこともありえますので、無事に売却できる前提で先に購入しようとするのは思い止まりましょう。

    何に関しても焦らず慎重にやった方がうまくいくことが多いものですが、不動産売却においても高額取引となるだけに、慎重に慎重に検討していかなければなりません。

    最も注意しなければいけないこととしては、悪意を持った不動産会社も存在するという点があります。

    仲介契約とは対照的に販売活動をする気がなかったり、必要以上に値切って買おうとするようなところもありますので、気を付けて選ばなければなりません。

    不信感をわずかでも持ったなら、契約するべきではありません。

    少しでも早く不動産の売却を完了したいと思っていたら、一番確かだといえる方法になるのが直接不動産会社に手放したい物件を買取してもらうことなのです。

    買い手をみつけるまでの通常の手順を省くことができますから、スピードでいったらこれよりも短時間で済む方法はないかもしれません。

    でも、もちろん、いいことばかりではなく、価格が安くなってしまうケースが多いというマイナスの面もあるため、現金化するスピード重視で価格は二の次だと考える方にしか向かない方法かもしれません。